広島浄光台に伊予大島石の9寸墓を据付、綺麗な虹がお出迎え

皆様こんにちは、この度、広島浄光台 安佐北区可部町勝木に愛媛県産伊予大島石9寸角座四重台施工しましたのでご紹介します。

完成と同時に東方面に鮮やかな虹が出現し、幻想的!ご先祖様がお喜びになったのかと思いました。

お客様は東区福田にお住まいで、11月広島浄光台青蓮4㎡(間口2000x奥行き2500)を購入。奥様のご実家が寺岡石材工業で墓碑を作られた実績によってテラセキにご来店、墓碑ご契約頂きました。基礎は間口2000奥行き2500高さ180のスロープ研磨巻石(黒龍石)。本体は伊予大島石特級9寸角座四重台。一体型屋根線香蝋燭立て。法名石(戒名板、墓誌、霊標)。自然物置青石(愛媛県産)。の組み合わせです。

角座座布団には特注で、技術的に難しい唐花彫刻を四方に施しており、1ランクUPの高級感あります。

仏石と角座布団と台座は寺岡石材工業自慢の耐震嵌め込み方式の施工をしております。

ご主人の出身は大分県、態々帰省して先祖の家紋を取り寄せして彫刻しました。繊細な家紋を彫るのに大変技術と手間がいりました。

線香、蝋燭立ては屋根付き一体型特注品。奥様ご実家の墓碑と同型の線香立てを希望されました。

墓地内の地面には草が生えにくい防草土と国産玉砂利(淡路島産)をしっかり撒いています。600x300の拝石とボンボリ立て(お盆に活用)も据付しました。

右側に先祖代々の法名を彫刻しています。

広島市東区福田「西善寺」多田住職様による「建碑法名式」「納骨法要式」無事お勤め。ご家族様も安心され、良いお墓が出来たと大変お喜びされました。