広島県山県郡安芸太田町草安
墓地造成工事/古墓再生研磨移設工事/新合同墓/先祖供養塔/角墓前灯籠

 

昨年10月ご来店、自宅裏山に先祖墓22基あるのを改修と新しく合同墓を建立したい相談があり、直ぐに現地確認調査。
現地は島根県県境で県内でも一番積雪の多い地方で周りには国際スキー場他、沢山スキー場のある山間地域。弊社より50km

裏山に四角い切墓が22基、自然墓約30基、倒れた角灯籠1基ある。
新しい墓所は自宅傍の畑を予定。既に役所に墓地、地目変更申請済であった。
古いお墓は豪雪年内に解体運搬撤去、弊社工場に持ち帰り粗磨き墨入れ等 再生作業を行った。

今年3月より墓地造成工事を開始(約30㎡)墓地整地、肥土掘り起し
砕石搬入、転圧、基礎コンクリート、スプリットブロック積、H400研磨舞台石(巻石)、防草対策、ボンボリ立て装着 4月末完成

5月より新合同墓、先祖供養塔、墓誌、と再生して綺麗になった22基の古墓建立
倒れた角灯籠の修理と、同じ規格で作成した1本の角墓前灯籠を施工
5月中旬完成した。

お客様の声)

今まで裏山にある先祖の墓地は急傾斜で行くにも息切れ身体的にも負担であった。
また、落葉で滑りこけたりしたこともあった。
22基以上ある先祖墓のお参りは大変。平素の落葉除去掃除等管理はもっと大変だった。
自宅横に下すことで(移設)毎日お参りが可能になった楽になった。
22基を先祖供養塔1基にまとめたことでお参りが1か所で済んだ。
こげ茶色に汚れてた古墓も綺麗になった先祖様の文字も鮮明になり判読できた。
毎日が楽にお参り可能になり墓参りが楽しくなった。

 

足の踏み場の無いほどご先祖様のお墓が建っている

長年経過したお墓は傾き倒れそうな状況。酷い汚れ苔により文字の判読が出来ない状況

22基全て弊社工場に持ち帰り、研磨再製、墨入れを行います。事前にお寺様に閉碑法要を務めて頂きその後お墓とお骨を回収(お骨上げ)し安置所に一時保管します。

 

墓地造成工事、新合同墓、新供養塔完成。倒壊していた墓前灯籠も修理、再加工して両サイドに据付した。

灯籠の灯は災いを家に持ち込まない防御する役目と、火袋の左右彫刻された太陽とお月さんは、輪廻転生を意味し、人は亡くなってもまた生まれ変わると云う促進も込められているとの事です。

22基ご先祖様墓碑は見事に蘇り巻石内にコンパクトに綺麗に設置

墨入れ、お化粧もして字もハッキリ判読出来るようになりました。。

1段目に長さ1.2メートルの上がり踏み段、二段目に長さ60cmの上がり踏み段を追加してお参りし易くしました。

ご注文から完成まで約半年掛かりました(役所申請手続き、雪の影響も含め)