岩国市由宇より廿日市市杉並台にお墓の引っ越し、移設した完成写真

皆様こんにちは、この度広島市西区にお住いのK様より墓移転の相談を賜りました、相談内容は元々K様は山口県岩国市由宇にご実家と先祖お墓があり、現在は広島市で遠方に残されたご先祖様のお墓を広島に移設したいのと、同時に長年の苔・水垢の除去、墨入れ、また、お父様の名前、建立年月日も刻みたいご希望でした。

下記の写真は岩国市由宇坊ヶ迫市営墓地に元々建っていたお墓です。仏石が▲形状、タイトルが奥都城(おくつぎ)と彫られています。これは神道のお方で神道墓になります。墓石本体の移設、基礎巻石も移設します(巻石は杉並台墓地に合わせ工場で再加工します)

墓石解体運搬撤去の作業

弊社より片道80km、8トン中型クレーン車両を2日出動、初日は墓石、2日目は基礎外柵の撤去をしました

二日目は基礎四方巻石の解体撤去、隣の墓所に影響が無いよう慎重に機械的作業と手作業の合わせ工事

巻石4本を撤去した後、硬い堅牢なコンクリートを斫り運搬作業は楽では無く、身体的疲労はあります。

終日かけ基礎コンクリートや埋まった石材片を撤去し、最後に川砂を撒きやっとの事で撤去作業終了 綺麗に整地して戻しました。

工場に持ち帰った墓石は手磨きでクリーニングと墨入れ。基礎巻石は移設先の間口奥行きに合わせ切削研磨再加工しました。

丁寧且つ手間をかけ入念に作業します。

石材クリーニング、石材研磨、再加工の様子

持ち帰った石材は酷く黒く汚れておりますが、匠な職人で全くと言ってよい程に綺麗に仕上ります。

下記はビフォー写真 丸花瓶(花立)と供物台の痕跡が汚れでハッキリ痕跡が残っております。素人さんでの除去には限界がございます。

下記アフター写真 真っ白に綺麗になりました。工場内プロ作業により酷い黒帯水垢の痕跡は全く無くなりました。

墓石の黒帯頑固な水垢も綺麗にクリーニングしました

廿日市市営杉並台墓地での施工写真

間口2000x奥行1500 作業者3名体制+カートクレーン車で据付工事

カートクレーン車が大活躍、重さ2トンまで吊り上げます 狭い参道(幅70cm)でも通れます。

移設完成写真

草が生えにくいように防草土/淡路島産五色石を墓所内に撒き、無事完成しました。

仏石の裏側に建立年月日と建立者名を再彫刻。 本来は令和三年となりますが、施主様ご希望で昭和61年に建てられたお墓なので、当時の建立年月日とお父様建立者名を再彫刻しております。 亡きお父様もお喜びの事でしょう。お墓は家と同じです。お墓を大切にすることは家を大切にするのと同じです。