高天原市営墓地(広島市東区)中国大島/9寸角三重台和墓

 

1月中旬に寺岡石材工業のHPを観て(新春特価セール)お問い合わせの電話が出発点。

令和2年12月に亡くなった父が20年前、高天原市営墓地を取得、10年前に付近の石屋さんで墓地造成(間知石積み+巻石)を実施。墓地造成した石屋さんにお墓の見積したら高額だった為、複数社に問合せをした中で、寺岡石材工業が相応しいと判断、受注となる。*弊社工場見学が大きな要因

 

工事内容)

巻石内の草や芝を除去鋤取り、軽トラ一車分残土撤去
墓所内は防草土を敷き固めて淡路島産五色石を撒く。
9寸角三重台(耐震型)台座嵌め込みと石棒心装着
墓碑の墨入れは無し(墨無し深彫り仕上げ)
2.5尺法名石(墓誌)、屋根付き香立て蝋燭立て3点セット
400x800拝み石

後記)
完成引渡し時、思っていたよりもクオリティーが髙く、兄弟全員が異口同音、父に相応しい立派な墓石になったと喜ばれました。
納骨は3月彼岸前の予定。