広島市東区 西善寺様合同墓(納骨堂) BVRブラック/ブルーパール

 浄土真宗本願寺派 西善寺様合同墓(納骨堂)が完成しました
令和2年2月に契約、コロナ禍影響や規格外の大きさの石材入手困難と、 地下約5000体以上納骨室(カロート)工事に手間取り10月になってやっと無事完成いたしました。

素材選び、企画設計に関して元年より多田住職様と数十回打合せでの西善寺オリジナル合同墓であります。

屋根はインドBVRブラックで直径2m四角特大一枚石での特注であり
仕入れ先の中国、インドの石材会社では大きすぎて無理とされてましたが、探し出し輸入しました。継ぎ目のない屋根なので雨漏りの心配はありません。

明かりを取るために爽やかなブルーのステンドガラスも装着、

正面の南無阿弥陀仏は宗祖親鸞聖人直筆の掛け軸から宅本し彫刻した部分は金沢金箔貼りしております。

石材の多くはノルウェー産ブルパールを採用 太陽光線があたるととても美しい輝きを放ちます

デザインは現代未来風なシンプル且つお洒落な合同墓であると住職様他、門徒総代様に大変喜んで頂きました。