寺岡石材社長の母親は以前、新日本舞踊を長らく習っておりました関係で、新日本舞踊の家元師匠様(先生)が、ご自身の生前墓を建立しておきたいとのご相談を賜り、この度オリジナルBVR/ブルーパールTV型デザイン墓を完成させて頂きましたのでご紹介します。

 

先生は美に対しての拘りがある方で、輝くブルーパール/ノルウェーと黒御影石/BVRツートンで作成したTV型納骨堂墓に大変ご興味をもたれました。仏石に刻むタイトルは直筆で【夢】とされました。少し右下がりに傾けてるのが印象的。

 

右側に家紋(丸に違い丁子)と流派彫刻。大根の様な家紋ですが丁子(ちょうじ)と読みます。墨入れはせず厳かに素彫りだけの文字で上品さを感じさせます。中心は家元である先生の師匠名を彫刻しました。家元師匠名には金箔貼りして一層際立させております。金と黒御影の相性は抜群だと大変喜ばれておられます。