弊社のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。テラセキ代表の寺岡伸二です。広島市安佐北区の地域墓地に、インド産黒御影石(BVR)とノルウェー産ブルーパールにて、オリジナルデザイン墓石を建立しましたので、ご紹介します!

 

【完成したお墓】

 

この方は、お住まいは広島市南区ですが、もともとのご先祖様のお墓が弊社の安佐北区本社工場の近くにあり、墓所が近い石屋さんということで尋ねて来てくださいました。古いお墓が山の中に4基ほど建っていましたが、これをお墓じまいして、新しくお墓を建てたいと希望されていました。

新しくお墓を建てる墓地は、広島市安佐北区の地域墓地です。奥様のご実家のお墓もある墓地で、そのお隣に墓地を確保されました。山の中にあるお墓はお墓じまいをして、ご遺骨は弊社の納骨堂で一旦お預かりをして、新しいお墓が完成したら新たにご納骨をすることになります。

新しく建てるお墓については当初、もともとあったご先祖様からのお墓を1基残し、磨きなおしてグレードアップするかたちでを再利用するという方向でもお話ししていました。ご先祖様から大切にしてきたものを後世に残すこともできますし、すべてを新しく建てるよりも価格も抑えることができます。ですが、お客さまのお嬢様もお話に加わってくださってお話ししていくうちに、お隣の奥様のご実家のお墓と同じような洋風のお墓はどう?という案も出てきました。お嬢様は絵画が上手な方で、お墓のデザインを作成するお手伝いをしていただけることになりました。

お墓のデザインは、お嬢様からいただいた完成予想のデッサンをもとに、お墓や外柵を設計してご提案しました。ご家族で話し合っていただいて、何度も練り直しを重ね、数ヶ月ほどかかりましたが、皆様に気に入っていただけるものが完成しました!

また、石材については、お墓のイメージに合うものということで、BVR、ブルーパールをご提案して石見本を見ていただきました。お嬢様も「この石が好きだわ」とおっしゃってとても気に入っていただけました。BVRはインド産の良質な黒御影石、ブルーパールは青みを帯びた御影石で、貝殻の化石がキラキラと輝きを放つことでも知られるノルウェー産の石です。

そうしたお打ち合わせを何度も重ね、完成したのがこちらです!

お客様との共同制作ともいえる、オリジナルデザインのお墓です!
仏石の形や花立て、お墓手前のお参り部分など曲線が多用されていて、重厚で高級感もありながら、柔らかいイメージに仕上がっています。

仏石の前面と台石、お花立てと香炉や墓誌は、ブルーパールで作成しました。仏石の後方とお墓の外柵の天面にはBVRを使用しています。仏石は2種の石を前後に配置して、より立体感があります。

 

ブルーパールも光を浴びてキラキラ輝いています! 完成したお墓には、ご主人様はじめ、奥様やお嬢様皆さまに喜んでいただけました^^ また、こんなお声も寄せてくださいました。

数か月間家族でどんなセンスの良いお墓にしようかと色々思案しました。何度も練り直し時間は掛かりましたが思い通りの素敵なお墓が完成しました。寺岡石材工業さんには感謝です。

お墓を将来守っていくのは子どもたちだから、その子どもたちが気に入るお墓に仕上がってよかったですともおっしゃってくださいました。きっとこれからも大切にお参りにきてくれるだろうと安心されたようでした。何度も話し合いをされて、皆様に気に入っていただける、とても思い入れのあるお墓が完成してよかったです。また、奥様のご実家のお墓の方でも追加のお仕事を頂き、ありがとうございます。

今回は、新しいお墓作りの方はもちろんですが、ご先祖様のお墓をお墓じまいする際のこともとても印象に残りました。これまでお墓があったのは、手ぶらで歩いても息が切れそうな険しい山の中でした^^; 機械も入れることができなかったので、6,7人で人海戦術でなんとかお墓じまいを終えました。
作業の様子は写真に納めて後でご主人様に確認していただきましたが、さぞ大変だっただろうと、「よくやってくれたね」とねぎらってくださいました。これまでは、お参りされるのもとても大変だっただろうなと思います。今後は気軽にお参りに来ていただけるお墓になりましたので、末永くお参りいただけますとうれしく思います^^