ご覧頂きありがとうございます。寺岡石材工業五日市支店の田辺です。広島市安佐南区祇園北高校付近の共同墓地にて、80年前の先祖古墓の研磨再製改修工事と伊予大島石の新規墓石建立のご紹介を致します。

施工前のようす

向かって右側の倶会一処のお墓は80年前、右側が30年前に建てられたお墓です。

基礎巻石などの外柵が無く、雨風によって泥や汚れが付着しています、墓碑は一旦解体した後に弊社工場に持ち込み機械研磨再製を行います。基礎巻石も追加して頑丈で汚れにくい環境に改善します。

 

施工後のようす

 

       左側が30年前の8寸のお墓            右側が80年前の古いお墓

                                         ↓↓↓↓↓↓↓

右手の80年前のお墓は工場にて機械研磨再製と墨入れ、花立の穴が小さかったので直径60mmコア空けし、ステンレス花筒を挿入、文字は彫り直しして黒墨を入れました。特に苦労したのが猫足と丸座布団の再加工です。熟練の職人により新品同然に仕上げています。

左手30年前のお墓には機械バフ掛け(ポリマー加工)をして墨入れと、ステンレスアンカー補強並びに耐震ボンドでの再据付を行っています。

基礎巻石は高さ150mmで雨による泥の侵入を防御します。墓所内部にはストーンレジンで完全防草対策して管理軽減化を図っております。ご先祖の法名文字を刻む法名石も追加し、歴代のご先祖様全て彫刻しました。

工事請負の経緯

場所は広島市安佐南区祇園北高校付近団地内にある共同墓地。五日市店/田辺哲郎支店長のお客様で、この度ご家族の逝去により新規お墓を建てたいと相談を賜りました。施主様と墓地現地調査したところ基礎外柵もなく雨風でお墓が汚れており、また新規のお墓のスペースを取るために旧墓碑の移動が必要となりました。ご希望の伊予大島石特級8寸角座四重台一基建立以外に80年前の先祖古墓と30年前の8寸古墓の合計2基も同時に新墓同様に改修して新品に仕立てる事が出来るかのご相談をもらいました。弊社の得意とする分野であり、工場機械設備、熟練の職人も充実しておりお客様のご予算内でお安くご提供させて頂きました。

古墓は一旦弊社工場に持ち帰り、匠な職人技で丁寧に磨き上げ、一部切削加工と墨入れをして、再び元の墓所に再据付を致しました。施主様からは、こんなに墓が綺麗になるとは想像以上だったと、感激されました。新しいお墓は勿論ですが、それ以上にご先祖様の再製したお墓にとても感動されておられました事を皆様へお伝え致します。最近墓じまいが多く散見しておりますが、大切に維持管理されます事も重要と考えます。